Scrapbooking & Stampin´Up

スクラップブッキングの基本12インチレイアウト作ってみましょう!

スクラップブッキング, ブログ , ,

スクラップブッキングアドバイザーHappiness*CropのYokoです。
4月号の朝日新聞TalkEyeに掲載されたコラムは「スクラップブッキングの基本12インチレイアウトの作り方」を3回に分けてご紹介していきます・

1回目は写真2枚で作成できる、簡単なレイアウトをご紹介いたします。

スクラップブッキングの基本12インチレイアウトの作り方

用意するもの

・L判の写真2枚(向きは縦・横どちらでもOK)
・スクラップブッキング用のペーパー2枚(無地2枚、柄1枚)
・アルファベットステッカー
・レースリボン
・レースペーパー
・スクラップブッキング用のお花
・割りピン・テープのり、ボンド
・スポンジ付き両面テープ
・カッター、カッターマット、はさみ 又は ペーパートリマー

写真の選び方

自分が一番気に入ってる写真や、とてもきれいに撮れた写真、小さいお子さんの場合は、初めての◯◯記念日とかおすすめです。

たとえば赤ちゃんなら、初めての寝返りやハイハイしたとき、おすわりやつかまり立ちしたとか、そして初めての誕生日とかもいい思い出ですよね。

もうちょっとお子さんが大きい方は、入学式や卒業式もいいですよ。

材料の選び方

台紙を選ぶときは、写真に入っている色を入れるときれいにまとまります。
(例: 洋服の色や、背景に写っているもの色)
今回は女の子のTシャツの袖のピンク色や、芝の緑ベーズにしてチェク柄のペーパーを選んでみました。
それが一番下にくる台紙になります。

そしてそれに重ねるように使った無地の紙は、写真が映えるような薄いベージュ(白に近い感じのもの)を選びました。

写真の下に入れる紙を「マット」といいます。
これがあることによって、写真が引き立つようになります。

マットを選ぶときは実際に紙の上に写真を載せて写真が引き立つか、馴染んでしまうのかを見ながら選ぶと失敗が少ないです。

迷ったときは台紙に入っている色を何色か用意して、合わせてみるのがお勧めです。

次回は実際に作っていきます。

 

スクラップブッキングアドバイザー Yoko

スクラップブッキングアドバイザー&Stampin´Up Japan公認デモンストレーター、茨城県ひたちなか・水戸市を中心に活動中です。

スクラップブッキング, ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です